読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫さえいればなんとかなる。

どうでもいいこと美味しいこと変なこと不思議なことグダグダ綴っていくブログ

上には上がいるけれど、下には下もいる。

こんにちわ。貴重な休みを丸一日寝て潰しました。

いつものことです。ともえです。

 

個人特定されると嫌だなぁと、あまり自分のこと語るのは控えよう思っていましたが、苦しくて辛いことの多いこのご時世。

人生いろいろあっても割とノープランで生きている奴がいると、誰かの励みになるよう書くことにしました。

 

 

0歳~6歳

・幼稚園に入るまでの記憶がすでに1mmもない。

・幼少期から朝が苦手で幼稚園バスは片手で数えるほどしか乗ってない。

・集団行動も苦手で休みがち。お泊り保育は一度も参加していない。

・幼稚園の先生が強めのソバージュでイケイケで怖い。

・急な階段の上から園児が園児を突き落とし骨折させる、殺人未遂事件があり園内が殺伐とする。

・もちろん友達なんてできないまま卒園。

 

7歳から10歳

・とりあえずそこそこの学校生活を送るも、集団で登校する通学団には数えるほどしか間に合っていない。

・3年生のクラス替えのタイミングで、新年度早々おたふく風邪にかかり3週間ほど休む。

・3週間の遅れを取り戻せないままいじめの対象に。

・私のいじめを除いても、やばいほどの問題児クラスで毎日がドラマ。

・先生が巨大定規を投げ飛ばす教室、割れる窓ガラス、ドブに捨てられるランドセル。

・それでも毎日学校に通ったがついにブチ切れ、いじめてくる主犯を授業中に突き飛ばす。

・キレて襲い掛かってくるいじめ主犯を取り押さえる先生。

・その間にランドセルに荷造りし教室を飛び出す。

・廊下で一言「こんな学校二度と来るか!!!!!!!!!」と捨て台詞を吐き逃走。

・学校を飛び出してすぐの道路で先生たちよりも早く主犯が私を捕まえ、道路の真ん中で大乱闘。

・乱闘の末、一戦交えたことで友情が生まれる。

・実はその主犯の家族は母が精神疾患で度々入院で家をあけ、父が長距離トラックの運転手でほとんど帰ってこず、小さい弟と二人暮らしという。

・その後主犯は弟を食わせ生活するために、若くしてホストになるというドラマが・・あるわけだがその話はまた今度。

・しばらく仲良かったけど、今どうしてるかなぁ・・ピカチュウのゴールドシール返してくれないかなぁ・・。(当時の流行り)

 

11歳から12歳

・闇。闇しかねぇ。

・はたからみたら仲良しグループの中で万引きや盗みを強要される。

・のらりくらり交わして来たが堪え切れす先生に密告。

・話し合いの場を持つことになったが改善せず。

・なんとか堪えしのぎ卒業。

・ちなみにこの頃から絵が好きで、緑の絵コンクールに出品する絵を学年みんなで描き、風に揺れる木々を表現したくて、絵の具をさらっと塗り、色を乗せない白い部分を多く残した絵を描いたが、先生にしっかり塗れ書き直せと言われ断固拒否。ちなみにその絵佳作受賞した。先生何も言わなくなった。笑

 

ちょっと幼少期から10代初頭がボリュームありすぎて書ききれないので、

中学生活からは次の更新で。。興味があればお読みください。。笑